2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

茨城 明暗鉄道

つくばエクスプレスVS鹿島鉄道鉾田線

2005年8月に開業したつくばエクスプレス(TX)〔つくば駅(茨城県つくば市)-秋葉原駅(東京都千代田区)〕。沿線買収の手続きに手間取り、本来目標としていた2000年開業に間に合わなかったり、高架橋の手抜き工事が発覚したりと、決して恵まれた条件ではありませんでした。ところがフタを開けてみれば、利用者数も6280万人(予想の2割増し)と順調に伸びているし、沿線開発も順調に進んでいます。TX関係者にすれば筑波山観光が思いのほか利用者数を押し上げているとのこと。茨城新聞(2006年9月30日)の記事より。

先に進む前に、皆様のクリックをお願いします→→→人気blogランキング
■“明”=つくばエクスプレス
もともとKOUJINN(旅人)はTX開業に対し、非常に前向きに捉えていましたから、今のTXフィーバー(←死語?)は驚きません。それよりも、つくば市長が「我々がまったく評価していなかった筑波山に、たくさんのお客様が訪問されることに驚いた」という趣旨のコメントのほうに、驚いたくらいですw(゜O゜)wエー。
なにせKOUJINN(旅人)は、筑波山がこれほどモテ囃される前から、筑波山の魅力を感じ取っておりました(*^^*)。

今後、TXおよび沿線は、絶え間なき努力をしていけば、ますますの発展をしていけるものと思います。

これは、茨城の鉄道の「明」の部分。


■“暗”=鹿島鉄道鉾田線
つくばエクスプレスが“明”であれば、今、廃線問題に取り上げられている鹿島鉄道鉾田線は、“暗”に値するのでしょう。。

鹿島鉄道 鉾田線〔石岡駅(茨城県石岡市)-鉾田駅(茨城県鉾田市)〕は、車社会化の波に飲まれた影響もあり、(2006年)9月30日現在では、「2007年4月30日に廃線」となるのが濃厚になっています。。鹿島鉄道鉾田線の問題点は、過去に書きましたのでここであえて取り上げるつもりはございません。

橋本県知事は、「(鹿島鉄道鉾田線の存続問題に対し)10月中に結論を出す」としている記事を載せたのは常陽新聞(2006年9月30日)。
存続に向けて沿線住民は「鉄道存続再生基金」と称し、寄付金を集めています。目標額は総額2億円。しかし、9月29日現在で集まった寄付金は総額1765万円と、1割にも満たない状況です。。
さらに県知事は過去に、「(一過性の)イベントも良いけれど、(継続的な収入となる)定期券利用者を増やして欲しい」と要望しています。。

沿線住民があまり熱心でないとされた「日立電鉄線」の存続活動よりも、存続活動に熱心である「鹿島鉄道 鉾田線」の存続活動に対し、橋本県知事はギリギリまで待つ意思を持っていらっしゃるのではないでしょうか。


廃線問題を抱える茨城県内の鉄道事情。最近では茨城交通 湊線も廃線の意向が表面化しています。「過去の鉄道」が不要と判断されていき、廃線の憂き目にあっています。「地方は車社会」と言われ、鉄道の不要論まで出てくるこのご時世。しかし、つくばエクスプレスの高評価で、必ずしも鉄道は不要ではないことが実証されました。
茨城県内の、それぞれの鉄道問題は、どこへ向かうのか。終点の見えない鉄道の旅が続きます。。

お読みいただきましてありがとうございます。人気blogランキングのクリックをお願いします。
スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 鉄道 | 23:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

取手のカタクラが撤退してしまう

カタクラショッピングプラザ

JR常磐線 取手駅(東口)駅前にある、取手カタクラショッピングプラザ。KOUJINN(旅人)は、毎年8月に行なわれるとりで利根川大花火の際に利用させてもらっています。
2005年の訪問の際に、地下に入店していたマルエツが撤退するなど景気の良くない傾向にありました。この度、親会社である片倉工業株式会社(東京都中央区京橋)は、取手カタクラショッピングプラザを来年(2007年)4月26日を持って営業停止することに決定いたしました。。MSN毎日インタラクティブ 茨城(2006年9月29日)の記事より。

人気blogランキング
片倉工業は、製糸業を創業の基としています。創業は1873年(明治6年)。取手カタクラショッピングプラザは1973年(昭和48年)3月に、同社の取手製作所をショッピングセンターとして再開発されたのが始まりとなっています。当初は、イトーヨーカドーが核テナントとして営業していましたが、2001年に撤退。その後、マルエツが地下一階に入店しましたが、4年程度で撤退してしまいました。。
地方経済が駅前を必ずしも“軸”としておらず、さらに車社会の中、満足に駐車スペースを確保できないこともあり、同店舗の今後の業績拡大を見込めないと判断。取手ショッピングプラザは営業停止になってしまうのでした…(TT)。

気になる順位…→→→人気blogランキング
COCOON(カタクラ新都心モール)
「カタクラ」という名称に、KOUJINN(旅人)は常々引っかかるものがありました。「あれー、何だっけな~(´・ω・`)?」と思っていたら、埼玉県さいたま市(旧・与野市)のカタクラショッピングセンター(イトーヨーカドー等がテナント)は、片倉工業の開発によるものでしたw(゜O゜)wビックリ。
さらに、最近再開発されたCOCOON(コクーン)〔カタクラ新都心モール〕もまた、同社の手によるものですw(゜O゜)wオー。

人気blogランキング
カタチあるもの、いつかは無くなります。人々の心の中に、取手カタクラショッピングプラザは思い出として残っていくことでしょう。。
思い出を持つのは、人間に与えられた特権なのです。。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 新聞・WEB記事より | 23:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NHKよりも早く、『おーい、ニッポン~茨城県』

ツェッペリンNT号

来たる(2006年)10月1日(日)、NHK BS2BShiにて『おーい、ニッポン 私の・好きな・茨城県』が放送されます。テーマは「いばらき漫遊☆夢飛行」。スタジオと中継4箇所を結び、茨城県の魅力を最大限にアピールする番組になります(^^)。

日程:2006年10月1日(日)
時間:11:00~11:53 BS2
    13:00~18:00
    16:30~18:00 BShi


人気blogランキング
【スタジオ】
茨城ゴールデンゴールズ
スタジオからは「黄門様の夢グルメ」と称し、黄門様が初めて食べたといわれている、ラーメンや餃子、黒豆納豆を紹介。
「VTR企画」では、稲敷市(旧・桜川村)が産んだ夢列車、茨城ゴールデンゴールズを取り上げます。

ゴールデンゴールズも気になりますが、blogランキングも気になります…
【中継会場A/笠間】〔ふるさとラプソディー「いばらき“夢”八景」〕
野口雨情先生としゃぼん玉像

茨城ゆかりの歌や曲を、合唱・オーケストラで奏でます。北茨城が産んだ野口雨情先生の「しゃぼん玉」や、日立市が産んだ吉田正先生の「いつでも夢を」など、合計8曲を放送します。

今日の『豆日刊茨城』は何位?→→→人気blogランキング
【中継会場B/茨城町→ひたちなか市→日立市→高萩市】〔それゆけ!どこでも号「茨城ブランドを探せ!」〕
那珂湊 魚市場
茨城名物・あんこう鍋

茨城町からひたちなか市に北上して那珂湊港を紹介。「“運がよければ”茨城名物・あんこうに出会える」とのことなので、あんこうが出てくる可能性が高そうです。でも、あんこうってこの時期に収穫できるものなの?(´?ω?`)。

人気blogランキングをチェックできます
【中継会場C/つくば市】〔未来の街で夢を発見!〕
つくばエクスプレス車両
つくば万博博物館
筑波山 女体山からの風景(絶景)

つくば市からは、つくばエクスプレスや筑波山を紹介。
筑波山神社(正確には「つくば万博博物館」)に眠る、科学万博-つくば’85(EXPO'85)の遺構や、筑波山を取り上げます。このところ、つくば万博博物館の露出が増えてきたのは良いところ。こうして空気の入れ替えをすることで、展示品が長持ちするのかもしれません(^^;)。

人気blogランキング絶好調?
【中継会場D/土浦市】〔「飛べ!夢の飛行船」〕
我が故郷、土浦市からは、ツェッペリンNT号が紹介されます。「飛行船のまち 土浦」をキーワードに取り上げられますが、NHKのサイトでは「(ツ号で)霞ヶ浦の遊覧飛行を実現させようという夢を描いています」という文章に、ちょっとニヤリ。夢かホンキかは、神のみそ汁といったところでしょう…。



という具合に、NHKよりも先に我が茨城県を紹介してしまいました。この情報を予習してNHKの番組をご覧いただくことで、より一層、楽しんでいただけるものと思います♪(*^^*)。

ここまでお読みになったら今日の人気blogランキングをチェック!!

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

順調に推移する、つくバスを考える

つくバス バス停「月読神社」前

つくばエクスプレスの開業に合わせ、これまで運営されていた「のりのりバス」や「つくつくバス」を合体させて生まれたのが「つくバス」です。2006年4月より、つくば市が関東鉄道に委託して運行されています。
採算ベースにはまだ届かないものの、3月に廃止された「のりのりバス」より乗車人数は6.6%増と好調。採算を考え、今後ますますの利用を促していかなければなりません。茨城新聞(2006年9月27日)の記事から。

つくばエクスプレスで県外から訪問した際は、駅に到着してからは歩くかタクシーに乗るか、バスに乗るしか移動方法はありません。その中で、TX駅を起点に運行されるつくバスは料金設定も安価で、使いやすい存在であります。料金はルートにより、100~400円。一日乗車券は200円(大人)。

人気blogランキング
■月読神社〔12コース〕
12-18 バス停「月読神社」
月読神社 拝殿

■百家の竜水万灯祭〔8コース〕
8-37 バス停「百家」
百家観音寺 本堂

最近では、常磐自動車道の谷田部仮出口訪問の際に訪れた、月読神社や、百家の竜水万灯祭訪問の際につくバスを利用いたしました♪(^^)。

クリックしてから考えよう!→→人気blogランキング
■つくバスの問題点
つくば市バスマップ
つくば市バスマップ

つくば市では『つくば市 バスマップ』(↑写真)を用意し、利用者へのアピールを行なっています。WEB上でも検索できるようにしています。

とっても便利なつくバスですが、やっぱり問題点もあります。
つくば市は、1985年に開催された『科学万博-つくば’85(EXPO'85)』を境に周辺合併して誕生した街です。面積で見ると、近隣の土浦市が113.82k㎡、県庁所在地の水戸市が217.45k㎡であるのに対し、つくば市は284.07k㎡と広い面積であることが分かります。つくば市は広大な土地なのです。網目のように張り巡らされたつくバスは全13コース(+北部シャトル+センター循環)。広大が故に、バスの路線図は複雑で、一元さんには利用することが難しい(TT)。おそらく、地元の方でも上手に乗りこなすには、相当の経験が必要でしょう…。
民間の路線バスでさえ路線図を用意していない企業が多い中、つくバスは路線図を用意しているので、かなり評価できます。しかし、あの大きな路線図を道端で広げるのは勇気がいります(^^;)。もっとコンパクトに、しかも分かりやすく、つくバスを使うことができるようにアイデアを練らなければなりません。
お読みいただき、ありがとうございます。ワンクリックお願いします→→人気blogランキング

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 新聞・WEB記事より | 23:50 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きれいなお肌 美白大作戦!

金丸町の辨財天

豆日刊茨城(一部、豆日刊いばらき)で何度か取り上げております、石岡のおまつり(常陸國總社宮大祭)金丸町の山車に用いられる人形は辨財天(べんざいてん)で2体存在します。名匠 古川長延先生が製作した“本物”と、レプリカバージョンの“ニセモノ”です。

2体ある人形は通常、一方が山車上に搭載され、もう一方が金丸町の会所にスタンバイしています。そのため、TOPの写真のように、2体が仲良く並ぶ姿は珍しかったりします。これは、天候がよろしくないために、雨で人形が痛むのを避けるため、“本物”“ニセモノ”とも、雨宿りモードなのです(^^;)。
『豆日刊茨城』の人気blogランキングに変化が!?
金丸町の辨財天(本物)
金丸町の山車_辨財天
金丸町の辨財天(ニセモノ)

去年(2005年)訪問時には、“本物”と“ニセモノ”は明確に見分けることができました。「面長」なのが“ニセモノ”であり、「色黒い肌」をしているのが“ニセモノ”だったからです。
漠然と見ていると気がつきませんが、言われて気づく。気づけはより一層目立つ。そんな感じ。

ところが今年(2006年)、金丸町の会所で偶然にも2体の辨財天を拝見して、違和感を感じました。。「面長」なのは以前のままでしたが、「色黒い肌」ではなく「きれいな美白肌」に生まれ変わっているのです!(@@)グルグル。

お伺いしたところによりますと、今年、人形を倉庫から搬出した際に「本物」の人形の手足パーツ部分がどうしても見つからず、職人さんに手足パーツの製作を依頼したそうです。その際に、以前から言われていた“ニセモノ”辨財天の肌の色を塗りなおすことにしたそうです。
その後、“本物”辨財天の手足パーツは無事に見つかり、製作した手足パーツは「過剰」になってしまいましたが不幸中の幸い。“ニセモノ”辨財天は思いの他、良い仕上がりで、美しい辨財天になりました(^^)。
美白辨財天に一目ぼれ!?→→人気blogランキングを確認すべき…

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グラフィカは今、『茨城は今』。

常陽史料館

常陽史料館(茨城県水戸市備前町)にて、昨年(2005年)に引き続き、写真家集団グラフィカによる写真展が開催されます。
昨年のテーマは「茨城はいま」でしたが、今年のテーマは続編に当たるであろう「茨城はいま・PART2」となっています。

■公式サイト
 ●常陽史料館
【会場】常陽史料館 (茨城県水戸市備前町6-71)
【期間】2006年9月29日(金)~11月19日(日)
    毎週月曜日休館 ※一部休館日が設定されています
【時間】午前10時から午後5時45分まで(入場無料)


ランキングは今?
グラフィカ写真展「茨城はいま」
グラフィカ写真展「茨城はいま」
グラフィカ写真展「茨城はいま」
左の写真は、昨年(2005年)開催時のもの。展示パネルはそれほど多くなく、ちょっとした時間を作れば十二分に楽しめる質と量でした(^^)。


■室伏勇先生は心の師匠である室伏勇先生の書籍

KOUJINN(旅人)がこれほどまでにグラフィカの写真展を推奨するのも、心の師と仰ぐ、室伏勇先生がグラフィカに所属されておられるからなのです。室伏先生はKOUJINN(旅人)の茨城百景訪問のバイブルである『茨城百景巡歴』を出版されていたり、『茨城の文学碑』という碑関連の書籍を出版されていたりと、大尊敬する先生なのです!!。
そんな先生が所属されているグラフィカ写真展を拝見しなくて、『いばらき だいすき』と言えるのでしょうか!!(≧O≦)9゛。
※室伏先生がグラフィカの創始者のようですが、現在では藤井さんという方が代表をされておられるようです。
室伏先生も御歳70を越えられているようです。。(悪い意味ではなく)お元気なうちに一度拝見させていただきたいものです(*^ω^*)
blogランキングもご覧になっていってください

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい力が、新しい発想を生む

在りし日のメガライナー

つくばエクスプレス(TX)開業の陰に、つくば-東京(上野)を結んでいた高速バス「メガライナー」が撤退したのは、知る人ぞ知る事実。。
2階建てのバス「メガライナー」は通常のバスの2倍の輸送量を誇ることもあり、稼ぎ頭でありました。ところがほぼ同じライン上につくばエクスプレスが開業し、早くて時間を正確に守れるTXにお客様を奪われ、関東鉄道(一部、JRバス)は苦しい状況が続いています(´=ω=`)。。asahi.com茨城(2006年9月24日)の記事より。

ボーダーライン上の順位はギリギリ確保中~(´=ω=) → → →blogランキング
そんな苦しい、つくば圏の高速バス業界ですが、「鉄道にできないことを!」をキーワードに、新しいサービスが誕生いたしました!。これまでつくば駅止まりだった高速バスの一部の便を、筑波大学まで延伸。利用者の確保を図ります。

いやー、これぞバスならではのサービスですね~(^O^)。弊サイトではこれまで関東鉄道に対し、厳しい評価ばかり繰り返してきましたが、この発想はすばらしい!(≧O≦)。利用者の気持ち(=要求)を考えてサービスを打ち出す。これが商売の原点です。会社の都合でサービスを打ち出してはならないのです!!。

かつて県南、県西地域のバス市場で、ほぼ独占状態だった関東鉄道がTXの猛攻にあい、苦戦を強いられています…。売り上げが悪ければ撤退する。そんな「守りの経営」ばかりがニュースで取り上げられており、イライラ感が増すばかりでした。。
その中で、こうした「利用者の立場を考えたサービス」を打ち出す「攻撃の経営」は、傍目に見ていても気持ちが良い!(^^)。

サービスの開始は、(2006年)10月1日から。筑波大まで延伸するのは上り18便、下り20便。
今後の展開が楽しみです!(^O^)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 新聞・WEB記事より | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うまいんだから、理由を説明できたら良いのに

大もりそば 東京庵(茨城県石岡市)

江戸っ子は「玉子焼きをつまみにして日本酒を一杯やった後、もりそばを喰らう」ってのが作法なんです(*-ω-)。。
うそかホントかは定かではありませんが、静岡に行った際に、蕎麦屋に入り、「蕎麦屋では玉子焼きに日本酒ですな~」見たいな話をしたら、「静岡ではそんな作法は存在しません」と言われてしまいました(´・ω・`)ショボーン。

上記の会話から察するに、「玉子焼きに日本酒」は江戸特有の儀式らしいんです…。

人気blogランキングの順位です。。が、上昇率停滞気味でモチベーションが下がりそう…
東京庵(茨城県石岡市)
東京庵(茨城県石岡市)
東京庵(茨城県石岡市)

茨城県石岡市にあっても東京庵。
そんな東京庵さんですが、ここのそばに一目ぼれしたのが、去年の5月の時でした…。
石岡に訪問し、小腹が空いたのでたまたま近くを通り掛かったのが東京庵さん。当初は「こんなところにある店だから、過度の期待を持ってそばを期待することはできないな~(´=ω=`)」とあきらめ気味での訪問でした。。ところが、入った店内は内装が今風に整備されているし、きれいに掃除が行き届いている。
注文して出てきたもりそばは、盛り付けの“どんぶり”に若干の疑問を残しましたが、そばや汁は、かなりおいしい(@@)。思わず感動し、店内の写真撮影の許可をいただいてしまったくらいなのです!!!!。

そしてまた今年(2006年)、2度目の東京庵さんの訪問が実現しました。やっぱりお腹が空いていたので、本日は「大もりそば」を注文することにします。で、やっぱりどんぶり盛り付け(^^;)。

一口いただくと、蕎麦はもっちりして存在感があるし、汁は関東風のかつを出汁でしょっぱめでこれまたうまい。蕎麦自身に使われている蕎麦の実に特徴があるのか、調理方法に特別な技術があるのかは定かではありませんが、蕎麦同士がくっつかず、つるっとした間柄で、つるつるっと口の中に流れ込んでいくんです!!!!!!(´≧ω≦`)。
絶対これは、なにか“秘伝”がある!!!と思い、帰り際、お店の方に「すっごいおいしいお蕎麦ですね~」と振ってみます。そして、「なにか特別なお蕎麦を使っているんですか?」とお伺いします。
すると、「普通のお蕎麦ですよ」の返事。。。
そんなはずは無い。ああー、もしかしたら、調理方法に特別な技術を盛り込んでいるのかもしれない、と思い、「何か特別な技術で蕎麦をゆでていらっしゃるんですかね~?」と聞くとまた、「いえ、普通の茹で方ですよー」とのこと。。。

うーん、本当かなー。蕎麦通とまでは行きませんが、これでもKOUJINN(旅人)は、まあまあの数の蕎麦を食べてきたつもりです!。東京赤坂六本木の老舗蕎麦屋「永坂更科布屋太兵衛さん」には何度か通っているし、長野県善光寺前の通りで蕎麦屋をはしごしたりしました。
その経験を持ってしても、東京庵さんのそばはウマイ。

もしかしたら、「普通の…」の「普通」が東京庵さんにとって「普通」なのかもしれないけれど、KOUJINN(旅人)や一般の方にとっては「普通」ではないのかもしれない。
もしかしたら、石岡近辺で収穫された蕎麦の実を、即日挽いて蕎麦を打ったのかもしれない。それを「普通」と言っているのかもしれない。

「普通」ってのは難しい。
世の中に「普通」ってのは当たり前のようで、実は当たり前でなかったりします。「普通」の基準は人それぞれ。

もしかしたら、東京庵さんはものすごく、スゴイコトをしているのかもしれない。ただ、それをすごい事と認識していないだけなのかもしれません。

こういう「知らないことによる損失」ってかなりあると思うんです。茨城県内でも、本来は「スゴイコト」をしているのに、本人は「スゴイコト」と知らずに、やり過ごしてるのかもしれません。。もしそれに気づけば、そしてそれをアピールすれば、“地域の名産”もしくは“地域の産業”になるのかもしれないのです。“地域の顔”になる可能性も秘めているのかもしれないのです。
ただ、それを説明する術(すべ)を知らない。。

もういちど、皆さんの地域の産業、技術、土地、名所を振り返ってみても良いのでは無いでしょうかと思う、土曜日の深夜は、すっかり秋の涼しさを感じさせます。。(^^)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| まちおこし | 23:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分探しの旅

200609222203494
200609222203492

意味深なタイトルは、上野駅恒例の花の楽園いばらきへ
国営ひたち海浜公園では、9月16日から11月15日まで「コスモスフェスティバル」が行なわれます。
コスモスフェスティバルがなぜ「自分探しの旅」なのかは難解な部分がございますが、展示テーマの『花』に戻ったのは、良い兆候です(;^_^A アセアセ…。
『豆日刊茨城』,blogランキングは何位?
20060922220349
20060922220348

来期のテーマは『花と祭のいばらきへ』にして、「花」にも「祭」にも対応できるようにすれば良いいのにニャ~(*^-^)b。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 花の楽園 いばらきへ | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅大使さんと楽しい記念撮影

水戸の萩まつり2006 「旅の思い出に記念撮影」

(2006年)9月17日(日)、水戸の偕楽園にて水戸のご老公一団梅大使さんによる記念撮影会が行なわれました。
当初の週間天気予報では“雨”でしたが、KOUJINN(旅人)の普段の行ないが良かったのか、“曇り空”まで回復。楽しい撮影会となりました♪(^^)。
今日の人気blogランキング
水戸の萩まつり2006 「旅の思い出に記念撮影」 茨木洋子姫
水戸の萩まつり2006 「旅の思い出に記念撮影」
水戸の萩まつり2006 「旅の思い出に記念撮影」 酒井育美姫
春先には10名いらっしゃた梅大使さんも、2名にまで絞られました。梅まつりあじさいまつり→萩まつりと段々減っていく方式のようです…。他の梅大使さんもすばらしかったですが、選抜された梅大使さんは表情もプロ並み♪。春先の梅まつりのときの緊張が、まるで遠い昔のことのようです…(-▽-)。
今日の人気blogランキング
水戸の萩まつり2006 「旅の思い出に記念撮影」 茨木洋子姫
水戸の萩まつり2006 「旅の思い出に記念撮影」 茨木洋子姫と酒井育美姫
水戸の萩まつり2006 「旅の思い出に記念撮影」 酒井育美姫
今シーズンの梅大使さんは、この活動を持って終了なのかしら(´・ω・`)?。今年は梅大使さんにたいへんにお世話になりました♪。充実した、水戸の思い出となりました♪(^^)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| モデル撮影会 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた SuiPAKU やってくる!

SuiPAKU2005 in水戸駅

つくばエクスプレス(TX)のマスコットキャラクターがスピーフィ君なら、JR東日本のマスコットキャラは、Suica君でしょう!!(*^^*)b。
JR東日本にsuicaが導入されて早5年。KOUJINN(旅人)の生活にとって、suicaは必需品になりました。電車の乗り降りで精算しなくて良いし、キオスク等では簡単に買い物ができるし、便利100点満点なのです。
ああー、本当にsuica君は カワユスな~、ギザカワユスな~(*^ω^*)


SuiPAKU2005 in水戸駅
SuiPAKU2005 in水戸駅
SuiPAKU2005 in水戸駅

そんなsuica君カワユサ 便利さをアピールするイベント『SuiPAKU(スイパク)』が今年もJR常磐線 水戸駅と土浦駅にて開催されます。名称は『SuiPAKU2006(Suica博覧会)』。茨城県内においては、国際科学技術博覧会(通称:科学万博-つくば’85/EXPO'85)以来の博覧会になります(ウソ)。

常磐線ではsuica未対応地区(日立駅以北)があるため、それら地域にアピールする狙いがあるのでしょう。さらには、suicaが導入された地域への売り込みも当然あるものと思われます。

他にも、
●2007年春に常磐線に導入される普通グリーン車の模擬車両展示
●Suica対応スロットマシン
●ムシキング、ラブ&ベリー Suica対応ゲーム

など、もりだくさん♪。


ちなみに、去年(2005年)も、SuiPAKUは開催されております。

■去年のSuiPAKU模様…
 ●水戸駅でSuiPAKU(スイパク)開催
 ●SuiPAKU(スイパク)レポート(水戸駅)
 ●大宮駅にてSuiPAKU(スイパク)開催


【 日程 】
◆水戸会場◆ 2006年9月23日(土)~26日(火) 12時~20時
◆土浦会場◆ 2006年9月28日(木)~10月1日(日) 12時~20時


そう言えば、suica君の絵本には、スイッピーという名前が付けられているのですが、あれは“公式な設定”なのでしょうか?(´?ω?`)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祭りとは引き継ぐものである ~石岡のおまつり 還幸祭より

石岡のおまつり 肩ぐるま

(2006年)9月16日から3日間続いた『石岡のおまつり(常陸國總社宮大祭)』も最終日。御仮屋の御神体總社宮 神殿に還御する、「還幸祭」が催されます。


石岡のおまつり 還幸祭
石岡のおまつり 還幸祭 年番若松町
石岡のおまつり 還幸祭 御神体を本殿へ還御

御仮屋を出発した供奉行列は石岡市街地を行脚し、總社宮に向かいます。沿道では、たくさんのお客さんが出迎えてくれます。
●ささらは木之地町のところで一旦停止します。後に続く、供奉行列や幌獅子、山車の間合いを調整するためだそうです。
●神輿や幌獅子が、總社宮の境内に入って行きます。神殿の更に奥に入れる幌獅子は、露払役である土橋町と仲之内町の幌獅子だけです。
●馬に乗せられた神輿を宮司様がお払いし、白い布で囲み、御神体を神殿に移します。
この後、拝殿内で還幸祭の神事、および年番引継の儀式を行います。この時点で「正式なお祭り」は終了したことになります。

こうして石岡のおまつりは、「年番」を引き継ぐことで次の町にお祭りを託して行きます。町から町へお祭りを引き継ぐことにより歴史が刻まれ、より重みのあるお祭りになっていくのです。
そしてまた、引き継ぐのは年番だけではありません。。TOPの写真にもありますとおり、親から子へ、子から孫へと引き継がれることで地域が形成され、歴史ある町が積み重ねられていくのです(TT)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

吉野家牛丼 限定復活おめでとうございます

20060918112007
200609181120064
吉野家が本日1日だけ牛丼を復活させました♪。


200609181120062
20060918112006
吉野家 水戸店一番乗りで並盛りを完食。弘道館正門に引き続き、「歴史」を刻んでしまいました(^_^;)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| リアルタイム更新(携帯より) | 11:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

六軒町を記念撮影 (石岡のおまつり 2日目)

石岡のおまつり_六軒町の記念撮影

石岡のおまつり(常陸國總社宮大祭)は2日目。
石岡駅に到着。超でっかい獅子頭で有名な、六軒町の幌獅子がこちらにやってきます。すると“記念撮影して♪”みたいな空気になり、写したのがTOP(↑)の写真です。
「顔出しもOK」とのことでしたので、修正なしでUPしますが、本当に良いのでしょうか…(´・ω・`)。。


石岡のおまつり 奉納の舞「巫女舞」
石岡のおまつり 幌獅子パレード
石岡のおまつり 雨の獅子舞(東町)

●さてさて、記念撮影をして總社宮に向かいますと、神楽殿では「奉納の舞」が始まっています。KOUJINN(旅人)到着時には「狐の田うない」が行なわれており、「巫女舞」、「鬼の餅まき」とつながります。一番左の写真は「巫女舞」で巫女に扮した女の子ちゃん2人が、神妙に舞っているところ。「巫女萌え~♪」の方もおられることでしょうが、KOUJINN(旅人)は「巫女属性」は“装備”していませんでした…(^^;)。
●石岡駅前を貫く八間通りにて、『幌獅子パレード』が始まります。石岡市長を先頭に、市内外の幌獅子が一同に勢ぞろいし、八間通りを誇らしくパレードします。この時ばかりは、八間通りも「こんなに狭い道路だったっけ?」と思うくらい、混雑します(´xωx`)ギュウ~。
●夜になったら、やっぱり雨が降ってきてしまいました…。駅前では各町の山車や幌獅子が出入りし、お囃子や獅子の舞を披露します。ここまで持ってきた天気もぽつぽつと雨が降り始め、ザーッと来てしまいました…。それでも当初は3日間とも「雨」の週間天気予報だったのだから、「御の字」です。

お祭りは、明日(18日)も続きます(^^)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石岡(常陸國總社宮大祭)を晴らす!

石岡のおまつり 例大祭 猿田彦

茨城県石岡市にて、常陸國總社宮大祭(通称:石岡のおまつり)が開催されました。
石岡が日本の中心であった時代、石岡には“国府(こくふ)”と呼ばれる機関が設けられていました。国府の長(=国司)に就任されると、日本国内の各神社を訪問し、参拝する行事がありました。その行事を簡略化するために国内の神社の神々を一堂に集めたのが「總社」です。
日本国内の神々を集め、盛大に盛り上がるのが『石岡のおまつり(常陸國總社宮大祭)』。
茨城県を代表するお祭りどころか、本来であれば日本を代表するお祭りであってもおかしくはありません。

石岡のおまつり 國分町
石岡のおまつり 宮田町ささら
石岡のおまつり 東町の獅子

『石岡のおまつり』は「雨のお祭り」でもあるそうです。毎年、石岡のおまつりが行なわれる時に、雨が降るそうです(^^;)。

ところが、KOUJINN(旅人)が訪問する場所では、これまでほとんど雨に見舞われた事実がございません。KOUJINN(旅人)は“晴男”なのです。俗に、『KOUJINN(旅人)パワー』と自称しております…(-_-)。
本来であれば、石岡のおまつり3連休は、三日間とも“雨”の天気予報でした。。それが、“KOUJINN(旅人)パワー”に掛かれば、まあ、こんなものです(=晴れた)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

建った建ったライトオンが建った

建築計画のお知らせ

ジーンズカジュアルショップ『ライトオン』の本社社屋が茨城県つくば市に完成し、来週(2006年)9月21日にオープンします。
ライトオンのつくば市への関わりは、1985年(昭和60年)4月に「つくば吾妻店」〔茨城県内1号店!〕の出店から歴史が始まります。
この「つくば吾妻店」の成功により、同社は「首都圏出店」から「地方都市圏」へ出店目標を変更します。その後に続く、地方都市圏での成功劇を見ていくと、「つくば吾妻店」の出店は、ひとつのターニングポイントであったことに間違いはございません。


完成したライトオン本社
建設中のライトオン本社
ライトオンが建つ前

このところ、つくば市内では「景観を守ろう!法整備をしよう!」との声が上がっています。し、つくば市の建築制限関連の話は、茨城新聞等でも取り上げられています。

景観と聞いて、最近強く思ったのは、ライトオンの本社建物
もともとあの場所は、ショッピングや飲食関連のための駐車場でした。建設工事が始まった時、「ああー、ここにも建物は建てられるんだー(“建てることが可能なんだ”という意味)」と驚きました。そして、昨年(2005年)暮れに外観を見て、「ずいぶん圧迫感のある建物だなー」、「つくば市はよく許可を下ろしたなー」とも思いました。

つくば市(市街地)は、もともと田園の広がる土地だったのが、研究機関を集約させるために開発し、『筑波研究学園都市』となったのです。
道路整備を含め、区画整理や都市計画を行なってきたために、つくば市街地は理路整然とした街になっています。
そういう街が果たして、あの市街地のキュウキュウな場所に、地上7階建ての建物を建築許可するのかな~(??)って思いました。特にあの場所は、つくば市を象徴する写真を空中撮影する際に、とても重要なポジショニングになります。今までは「オークラフロンティアホテルつくば」「ノバホール」“象徴つくば市としての景観でありました。ところが、ライトオンが建つことによって、「+ライトオン」という構図が出来上がります。

つくば市に本社機能を持つってことは、会社の税金が茨城県やつくば市に振り込まれることになります。財政状況が厳しいつくば市にとって、ライトオン様様なのでした。だからあの土地にライトオン様の建物が建築許可された、と思うのは、穿った見方なのかしら…(´・ω・`)。
様様でもいいから、もう少しセットバックするような外観にはできなかったものかと、残念になりません。。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| まちづくり | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

石岡のおまつり “ニセモノパンフレット”騒動

石岡のおまつり 平成18年度版 配布物(?)

上野駅1階の、特急ひたち号乗り場前には、茨城県の観光PRのブースが設置されています。展示物は定期的に入れ替えられ、通勤客や旅行者の目を楽しませてくれます(^^)。
しかしこの度、許せない事件が発生したのでした!!(▼▼メ)。


石岡のおまつり 平成18年度版 配布物
花の楽園 いばらきへ
花の楽園 いばらきへ

先日もご報告したとおり現在、同ブースでは『石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭)』(茨城県石岡市)の展示が行なわれております。石岡のおまつりで用意されるパンフレットは内容、ボリューム等の質が良く、パンフレットを見ているだけでワクワクしてくるほどです(*^^*)。

と・こ・ろ・が、この良くできたパンフレットを偽造し、ばら撒いている輩が存在するようなのです!!(▼▼メ)。
関係者の方が丹精込めて作り上げたパンフレット。。青っぽい色の表紙が『正規版』です。↑(TOP)の黄色い表紙が『ニセモノ版』なのです!!(><)ユルセナイ!。

最近では、某YOU TUBEなるサーバーが人気のようですが、言ってしまえば、単なる“著作権侵害”。今まで“著作権”の問題があるから、ああいうサービスが出てこなかっただけで、便利ではあるけれど、現状では許されるべきものではないはずです…。

コピーするのは簡単だけど、オリジナルのモノを作り上げるたいへんさは、創った経験を持つ者しか分かりません…。コピーをすることで学び、新しいものを生み出す原動力になるのならまだしも、コピーを正業にするなんて、許せません!!(≧O≦)。

そういう意味で、一刻も早く『黄色いニセモノパンフレット』は撤去するべきです!!!。



・・・・・・。

って、ウソです。。
どうやら昨年(平成17年度)のパンフレットが大量に倉庫から出てきたみたいで、日程の部分だけシールで修正をして、配布しているだけのようです…(´=ω=`)オサワガセシテモウシワケゴザイマセン。。
モノは大事にしましょう。。。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 花の楽園 いばらきへ | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茨城と飲酒運転

茨城と飲酒運転

ここ最近、飲酒運転による事故のニュースが世間を騒がせております。
今年6月、某飲食店で食事をしていると、奥(座敷)から4人のお客様が出てきて個別を会計し、店を出ていきました。
お客様は個別に会計をした関係で、それぞれの方が何を食べて何を飲んだかが分かります。すると、すべてのお客様が「ビールのジョッキ」を飲んでいたことが分かりました。
店を出ると、車にエンジンがかかり、車が出て行ったことが分かります。
4名すべてがビールを飲み、その後会計をし、車が出て行った。。4名のうち、どなたが運転をしたのかは分かりかねますが、飲酒運転であることは明白です。。。

地方都市においては「車社会化」されており、車が無い生活はありえないのが現状です。。
しかし、車社会化されているからといって、飲酒運転が認められないのは、周知の事実。。このところ、飲酒運転による事故がTVでも取り上げられています。。

実際、私の親戚においても、飲酒後に運転をする事実を目の当たりにしています。それくらい、飲酒運転と言うのは、現実社会において事実化されているのでは無いでしょうか。。

すでに、「飲酒運転(酒酔い運転/酒気帯び運転)」はいけないこと」という法律があり、絶対に厳守しなければなりません。こういう事実があることは周知のはずですが、運転をされる方は再度、「飲酒運転(酒酔い運転/酒気帯び運転)」の危険性、違法性を考えなければならないところです(--)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 新聞・WEB記事より | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「TXこども美術館」が開催されていた

ベッドに横になるスピーフィ君
つくばエクスプレス(TX/常磐新線)と言えば「スピーフィ君」、と言うくらいに定着している我がスピーフィ君(はあと)。
TX開業1周年を記念して、つくばエクスプレスの本社機能があるTX新徒町駅構内(改札内)で、『TXこども美術館』が行なわれていました。


TXこども美術館
TX新御徒町駅は地下階が4フロアあります。その中の、都営大江戸線乗り継ぎフロアー通路にて『TXこども美術館』は開催されたのでした。


TXこども美術館
TXこども美術館
TXこども美術館

子ども達による、TX車両スピーフィ君のイラスト展示。思い思いのイラストを見て、心が和んだり、時に驚きを与えてくれることもあります(^^)。
大人になってしまい、頭が少しずつ固くなっていってしまう中、子ども達の“自由奔放”なイラストから、謙虚な姿勢で学ばせていただくことが多々ございます(--)。


先ほどから“過去形”での表記が目立ちますが、実はこのイベントは「(2006年)8月24日~9月6日」までで終了しております…。ご案内しようしようと思っていたら、タイミングを逃してしまいました(´・ω・`)ショボーン。。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 鉄道 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週末の茨城県のお祭り(9月16日~)

石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭) 六軒町


■石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭)(茨城県石岡市)〔2006年9月16日(土)~18日(月・祝)
来週(2006年9月)18日(月)は、「敬老の日」のため祝日。そのため、3連休の方も多いことでしょう(^^)。9月16日(土)から18日(月・祝)の3連休、ぶち抜きでお祭りが催されるのは、茨城県石岡市の『石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭)』です。
石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭) 大小路町 石岡ばやし常陸連
石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭) 金丸町 辨財天(吉川長延・作)
石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭) 富田町のささら、女の子を泣かす

かつて現在の石岡市に常陸国(昔の茨城県のこと)の国府が置かれていた頃、石岡は日本の中心地としての役割を担っていました。国府の長官“国司”と呼ばれ、新しく国司に任命されると、国内の各神社を訪れて参拝する「神拝(じんぱい)」をする仕来りがありました。その仕来りを簡略化するために国内の神社の神々を一同に集めたのが「総社」です。
国内の神々を集め、ここ常陸国の中心地(石岡)にて催されたのが、石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭)です。

【主な行司】
●初日(16日)●神幸祭…総社宮の祭神を年番町(今年は若松町)の御仮屋に徒御する催し。午後2時より総社宮より神輿が担ぎ出されます。
●2日目(17日)●大祭…各町の山車、幌獅子が町内を曳きまわします。総社宮の境内では、「奉納相撲」が行なわれます。
●3日目(18日)●還幸祭…午後2時より御仮屋(今年は若松町)から神輿が出発。総社宮本殿に還ります。


茨城県を代表するお祭りの一つである、『石岡のおまつり(常陸国総社宮大祭)』。3日間行なわれますから、ご都合のよろしい日に訪れるのも良いかもしれません(^^)。


■笠間deお洒落(茨城県笠間市)〔2006年9月17日(日)〕
笠間稲荷神社
9月17日(日)、笠間稲荷神社の境内から鳥居を抜けた商店街まで、『笠間deお洒落』と呼ばれるイベント(ファッションショー)が催されます。
古い着物をリメークして作ったドレスや洋服を着て、行脚するイベントです(^^)。主催は笠間稲荷門前通り商店街協同組合によるもの。



■水戸の萩まつり 「旅の思い出に記念撮影」(茨城県水戸市・偕楽園)〔2006年9月17日〕
水戸のあじさい祭り 撮影会 河野美保子様
水戸のあじさい祭り 撮影会 酒井育美様
水戸のあじさい祭り 撮影会 松浦真紀様

水戸の偕楽園では9月1日より20日まで、水戸の萩まつりが開催されています。17日(日)は「旅の思い出に記念撮影」と銘打って、梅大使さん達による記念撮影を行なうことができます(*^^*)。
時間は午前10時から午後3時まで。雨天中止。
上の写真3枚は、先日の『水戸のあじさい祭り』での撮影会のもの。今回の「記念撮影」に参加されない可能性もございますので、ご了承くださいませ<(_ _)>。


日中は暑い日が続きますが、早朝と夕方は秋の気配。お出掛けの際は、お召し物に十分に配慮されて、楽しい3連休をお過ごしくださいませ(^^)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つくば市百家に『竜』があらわれた

百家の竜水万灯祭_特殊撮影

茨城県つくば市百家(旧・豊里町)の百家観音で、『百家の竜水万灯祭』が執り行なわれました。
TOPの写真は特殊な方法にて撮影したら、『竜が左から右へ夜空を突き進む』ような写真になってしまいました(^^;)。

【百家の竜水万灯の言われ】(配布資料を参考にしました)
100年とも200年とも言われているその昔、この地に悪疫が流行しました。その際に、観音様が「硝煙(火薬のにおい)を漂わせれば流行病は消える」とお告げしたことから始まったとされています。



百家観音寺 本堂
竜水万灯祭 打ち上げ台
百家の竜水万灯
つくば市百家は、旧・豊里町です。今の今まで、豊里町に対して強い意識を持ち合わせておりませんでしたが、地図で確認するとTX開業前までは、「陸の孤島」のような地域。。TX開業と、つくバスの整備で、容易に訪問することのできる地域になりました。

●今回の百家観音寺は、TX万博記念公園駅から、つくバス(7コース)にて、バス停「百家」で降りての訪問です。
●これまで竜水万灯の打ち上げは、境内の小スペースで行なわれていたようですが、木々に引火することに懸念。数年前から裏手の落花生畑打ち上げ台を設置して花火を上げることに変更になりました。
●TOPの写真は「竜」のように見えて一見かっこいいですが、実際は3枚目の写真のような雰囲気で花火は打ち上げられます。それも1,2発ずつの単発の打ち上げ。バルブ撮影(開放撮影)によって、連続で打ちあがっているように見えます。

元々は、地元の方のために行なわれているお祭り。
今回はTX沿線無料配布誌「Sawawa」を拝見しての訪問でした。これからどんどんアピールすることによって、もっともっと他地域から(観光客を含む)お祭りになるのかと思われます。
それとも、「地元の方のためだけのお祭り」で続けていくのかしら?(’’*)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

穴守橋のツェッペリン伯号

穴守橋のツェッペリン伯号

都内を歩いていると、たまに茨城県関連のモノ事に出くわすことがあります。
先日、用事があり、羽田空港近くを通りかかると、海老取川に架かる穴守橋。橋にはプレートが埋め込まれており、よくよく確認すると、およそ80年前に土浦市にやってきた、ツェッペリン伯号のプレートがあるではありませんか!!(@@)。


穴守橋のツェッペリン伯号
穴守橋のツェッペリン伯号
穴守橋のツェッペリン伯号

現在では後継機にあたるツェッペリンNT号が、時々我が土浦市にやってきます。
穴守橋(東京都大田区)は、最寄は東京モノレール 天空橋駅。駅から徒歩5分程度です。飛行船ファンの方や、ツェッペリン号のファンの方にとっては、隠れたスポットなのでは無いでしょうか(^^)b。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土浦市観光協会 サイトリニューアル

霞ヶ浦 帆曳き船
わが故郷土浦の、土浦市観光協会のサイトが全面リニューアルされました!!。
つい先日、土浦全国花火競技大会のサイトが誕生したばかりだというのに、土浦の積極的なPR活動。今、土浦が暑い熱い!!(≧O≦)。

■公式サイト
 ●土浦市観光協会



これまで土浦観光協会のサイトは完全なタグ打ちで、公式のサイトとしては、土浦市の魅力を十二分に発揮できていない状況でした。。
市町村合併がひと段落し、各市町村のサイトが適宜リニューアルされていく中、我が土浦市観光協会のサイトだけが「対策遅れ」の状態にありました…。
つねづね、土浦市は「観光立国」を謳っておりました。「飛行船のまち(=ツェッペリンNT号)土浦」や、「カレーのまち土浦」等々。しかしながら、そのテーマが地に足がついている状態ではありません。仮にそれら情報を入手しても、今までの土浦市観光協会のサイトを見て、「ぜひとも行ってみたい!」「土浦のカレーを食べてみたい!」という状況になりませんでした。。

土浦駅周辺では高層マンションの建設が進み、「住みたい街」にしたいのか、「観光の街」にしたいのかの方針が読み取れず、模索の時が過ぎていきます。
その中で、土浦市の観光サイトがリニューアルされたというのは、『観光立国土浦』として、強烈な一歩を歩み始めたと捉えることができます(^^)。


■土浦は観光の宝庫だ!
土浦 亀城公園
土浦第一高校 旧校舎
土浦全国花火競技大会

霞ヶ浦(西浦)がまだ海とつながっていた頃の土浦は、かつて水のまちでした。亀城公園の水もまた、かつては霞ヶ浦とつながっていました。。
茨城県立土浦第一高校の旧校舎(茨城県土浦市真鍋)は茨城の建築家 駒杵勤治による設計。左右対称のシンメトリーな意匠は尊厳を増し、ゴシック建築による重みを感じさせます。
●毎年10月頭、土浦市では全国の花火師さん達による、花火大会『土浦全国花火競技大会』が催されます。地元有力花火師さんの野村煙火店さんが、ここ近年、入選する状況が続いています。先日のからかさ万灯(土浦市大畑)では、山崎煙火店さん(つくば市泊崎)にお世話になったので、今年は山崎煙火店さんを担がせていただきたいと思います(^^)v。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| まちおこし | 23:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茨城交通湊線、お前もか…

茨城交通 湊線 勝田駅にて
常磐線勝田駅から接続している茨城交通 湊線は、かつて賑わいを見せた海水浴場 阿字ヶ浦のある、阿字ヶ浦駅とをつなぐローカル鉄道です。
電化されていない本線は、気動車がブルブルとエンジンを鳴らし進行します。油のにおう車内は、どこか懐かしい…。

そんな、懐かしい時代を思わせる茨城交通 湊線も、昨年(2005年)12月に、廃線の「協議申し出」が出されていたことが分かりました(@@)。常陽新聞(2006年9月2日)の記事から。


現在、正式に廃線の申し入れが行なわれているのは、石岡駅(茨城県石岡市)-鉾田駅(茨城県鉾田市)を結ぶ、関東鉄道 鉾田線です。スケジュールどおりに進むと、来年(2007年)3月31日を持って、廃線となります(TOT)。
そんな関東鉄道 鉾田線につられる形で、茨城交通 湊線も早ければ同時期に廃線になる可能性があるとのこと…。
茨城交通本社前 茨大前
関東鉄道(茨城県土浦市真鍋)系の鉾田線とは違い、湊線は茨城交通(茨城県水戸市)が運営しています。茨城交通 湊線の駅員さんの印象も、どことなく紳士風接客態度も良いし、「ここまでやったんだもの。良く頑張った!!」と思ってしまうのは、KOUJINN(旅人)だけでしょうか。。


茨城交通 湊線 阿字ヶ浦駅
茨城交通 湊線 那珂湊駅
茨城交通 湊線 中根駅

まだ廃線とは決まったわけではございませんが、茨城交通 湊線の主要駅をUPいたします。。KOUJINN(旅人)ができる、唯一の愛情表現なのです(TOT)。

■関連する「いばらき だいすき」とblog
 ●茨城紅葉の旅2004 その4~茨城交通 湊線(20041123)
 ●史跡 虎塚古墳にて野ウサギちゃんに遭遇する
 ●那珂湊ぐるぐる

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 新聞・WEB記事より | 23:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週末の茨城県のお祭り(9月10日~)

綱火 松下流vs高岡流

申し訳ございません<(_ _)>。
今週末のお祭り・イベント情報として、今回も茨城県内のお祭りをご紹介するのですが、今回ご紹介するお祭りはすべて、KOUJINN(旅人)は過去に訪問したことがございません…。
行ったことも無いイベントのみを紹介させていただくというのは、KOUJINN(旅人)のポリシーに反する部分がございますが、それもまた試練…。

お詫びと言ってはナンですが、今回のTOP写真(↑)は、先日(8月2324日)に茨城県つくばみらい市にて行なわれた『綱火』の写真です(^^;)。


■百家竜水万灯祭(茨城県つくば市百家(ひゃっけ))〔2006年9月10日(日)〕
TX万博記念公園駅 ようこそしまなへ
茨城県つくば市百家(ひゃっけ)の百家観音寺では、『竜水万灯祭(りゅうすいまんどうさい)』が催されます。
800本程度のロケット花火を打ち上げるお祭りで、打ちあがるロケット花火の様子が「竜」に見えることから水万灯祭」の名前がついたそうです。19時から21時30分の間に行なわれるそうです。


ファンタジーの世界では、「竜」は“悪者”を示します。逆に「龍」は“良者”を示すわけで、龍ではなく、竜であるところに、注目するもの面白いかもしれません。


■タバンカ祭(茨城県下妻市)〔2006年9月12日(火)、14日(木)〕
大宝八幡宮 拝殿
関東鉄道常総線 大宝駅が最寄となる、大宝八幡宮では『タバンカ祭』が催されます。
起源は大宝寺の建物が火事になった際に、畳と鍋ふたを用いて火を消したことに始まります。お祭りでは、火をつけた藁を鍋ふたを使って消します。その時に、畳が「バタンバタン」と音を立てることから、「タバンカ」の名がつけられたとされています。

この部分だけ聞いても、正に“奇祭”。一見の価値あり!といったところでしょうか(^^)。


■葛城流からくり綱火(茨城県常総市大塚戸町)〔2006年9月13日(水)〕
一言主神社の看板・・・
茨城県常総市大塚戸町の一言主神社では、葛城流からくり綱火が催されます。
TOP絵(↑)で「綱火」をご紹介いたしましたが、県西地域でも綱火が行なわれているんですねー。たいへん興味深い。からくり花火は20時から始まるとのこと。



今回ご紹介いたしましたお祭りは、すべて「花火(火)」がからんでおりますね~。

ナンだカンだ言って、前フリの「綱火=花火」と微妙に絡んでいたりして、そんなところにKOUJINN(旅人)のイヤラシさが見え隠れしたりするわけです(^皿^)グシシ。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なかなか咲かない萩の花 偕楽園にて

第39回 水戸の萩まつり

水戸の偕楽園では、毎年恒例の『水戸の萩まつり』が開催されています。と言っても、KOUJINN(旅人)は水戸の萩まつりに訪れるのは今年で2回目です…。
(2006年)9月3日に訪問した際はまだ、萩の咲き具合があまりよろしくなく、一部咲き(?)といったところでしょうか…(´・ω・`)。

が咲く条件として必要なのが「雨」
まだこの時期は残暑厳しく、「秋の長雨」もまだ先の状態です。
今週半ば(9月6,7日)は天気が崩れ、雨になりそうなので期待したいところ♪


第39回 水戸の萩まつり_偕楽園東門
第39回 水戸の萩まつり
第39回 水戸の萩まつり_まだまだ咲き具合はあまい

昨年(2005年)は、萩まつり最終日(9月20日)に訪問
。やっぱり去年も祭り期間中には「満開」とまでは行きませんでした。
案内ボランティアの方にお伺いすると、「満開になる」というのは難しいそうです。なぜなら萩は先のほうから咲いていき、段々と奥に花をつけていきます。そのため、奥の花が咲く頃には、先のほうの花が枯れてしまうため、見た目が良くないとのこと。

うーん、萩ってのは、なかなか鑑賞のタイミングが難しいところですな~(-_-)ウーン。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

揺花戯蝶

北浦湖畔駅前のちょうちょ
大洗鹿島線 北浦湖畔駅では、時折涼しい風が吹き抜けます。駅前に咲いているオレンジ色の花に、一生懸命しがみつくちょうちょ。花が風でゆらゆら揺れているにもかかわらず、けなげに蜜を吸い続けます(^^)。

北浦湖畔駅からの眺め
北浦湖畔駅周辺の風景
北浦湖畔駅周辺の風景
昨日の記事の中で、北浦湖畔駅にて“無駄に時間を過ごした”と表記がありましたが、決して無駄ではありませんでした。こうして、ちょうちょが蜜を吸う姿なんて、近頃なかなか目に出来ませんよね!(*^^*)b。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

途中下車で時間を無駄にする贅沢

200609031830264
200609031830262
鹿島神宮の神幸祭も終わり、帰る日。大洗鹿島線で水戸を目指します。途中下車で北浦湖畔駅。駅ホームから見える北浦に訪問。北浦では、自前(?)のボートに乗って釣りを楽しまれる方や、もうすぐ収穫を迎える水田の農作業の方がおられます。しばしの時間の流れ。時折吹き抜ける風は涼しい。日差しは夏だけれど、風は秋。


20060903183026
20060903183025
次の気動車が来るまでの小一時間、こんな無駄な時間を過ごしてしまいました(^-^)。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| リアルタイム更新(携帯より) | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

取材対象時間は19時間

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)「鹿嶋のご神幸」2日目。
朝曳きから始まった2日目も炎天下の中、無事に終了いたしました。初日は雨の混じる天候でしたが、2日目は秋晴れ。と言うより、夏の空でした(◎o◎)。


200609030806416
200609030806414
写真1,2枚目は「還幸祭」


200609030806412
20060903080641
3枚目は「年番引継」。4枚目は「町内乱曳」

取材対象時間は19時間でしたが、徹夜明けの取材は体に堪えました(-o-;)。
今年は初日「提灯まち」が平日だったため、訪問出来なく観られず残念。
来年(2007年)の9月1,2日は土日ですし、今から来年が楽しみですo(^▽^)o。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| リアルタイム更新(携帯より) | 08:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鹿島神宮で山車の朝曳き

20060902060908
200609020609082
200609020609084
200609020609086
鹿島のお祭り二日目は、「朝曳き」から。午前4時から始まるため、徹夜でスタンバイしました(~0~)zzZ。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| リアルタイム更新(携帯より) | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。