PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常陽新聞創業者 岩波健一に教わったこと

常陽新聞創業者 岩波健一の像
常陽新聞社(現・常陽新聞新社)の創業者、岩波健一が亡くなって、いくつの年月が経過したのでしょうか。
今日4月27日は、岩波健一が亡くなった命日になります(-人-)。

常陽新聞新社 本社
岩波健一が在命中、常陽新聞社は何度か経営危機の憂き目にあいました・・・。科学万博-つくば’85(EXPO’85)が開催された昭和60年(1985)の経営危機が一番危なかった時期でしたが、それも無事に乗り越えることができたのは、岩波健一のパワーであったに違いありません。。

財力を持つ人間はグルメな方が多いですが、岩波健一もまたかなりの食通でした。幼かったKOUJINN(旅人)は、何度かうな重や中華料理をご馳走になったことがあります。
とは言っても、当時のKOUJINN(旅人)はまだ小学生。“人を敬う”目線などは持ち合わせていませんでした。その中で、ある時、うなぎを食べに行くことがありました。何台かの車で高級うなぎ屋さんに乗りつけ、車から降りてお店に入るときに親から注意されました。
「(岩波)社長より先を、歩いてはダメだからね。」
つまり、『目上の人を先に歩かせ、目下の者は後をついていくものです。』という教育ですね。
それまで自由奔放に育てられてきたKOUJINN(旅人)は初めて、上下関係の大切さを学んだときだったのでした(-▽-)。

岩波社長を思い出すときに、必ずこの事が頭の中をよぎります。そして、“本当に勉強させていただいた。本当にありがたい。”と真摯に思うのです。
今の世の中、上下関係の大切さを理解できない若者が少なからずいます。金さえあれば、それがすべてだ、という人間もいます(資本主義社会では事実ではありますが。。)。
そうした中で、早い時期にこういう勉強を経験できたKOUJINN(旅人)は、岩波社長に感謝してやまないのです(-人-)。

常陽新聞新社 社内
岩波社長が亡くなって何年の年月が経過したのでしょうか。しかし、KOUJINN(旅人)にとって、そんな年月など問題ではありません。それよりも大切なことを教わったことが重要なのです!。
そして岩波社長は、KOUJINN(旅人)の心の中に生き続けているのですから、目に見える“生き死に”など、まったくもって関係ありません。
※写真は常陽新聞新社 建物内の本棚

スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:55 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

故・岩波健一氏について

冠省
今春、土浦をモデルにした昭和の青春小説「コスモスはもう咲かない」を上梓した大山茂氏(常総市在住)が、次回作に岩波健一氏のことを書きたいと相談してきました。岩波嶺雄氏はじめ3人のお子さんに聞くのとは別のアプローチで立体化したい由。相澤の仲介で会っていただけないでしょうか?
参考URLはhttp://fykai.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
よろしくお願いします。
草々

| 相澤冬樹 | 2015/07/21 12:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/186-01823077

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。