PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常磐道 谷田部仮出口を追い求めて

常磐自動車道 案内パンフレット(科学万博-つくば’85版)
ここに21年前に現在の茨城県つくば市にて開催された、科学万博-つくば’85当時のパンフレットがあります。パンフレットは、当時開通したばかりの常磐自動車道を紹介したもの。表紙の上部には、「EXPO’85(科学万博-つくば’85)」の文字が読み取れ、“期間限定版”であることが分かります。


常磐自動車道 案内パンフレット(科学万博-つくば’85版) 谷田部仮出口
パンフレットを開くと、万博当時に臨時に設けられた「谷田部仮出口」の表記があります。この“仮出口”は常磐自動車道の混雑を緩和するために、期間限定で設けられたものでした。
科学万博-つくば’85終了後は撤去され、現在は存在しないはずです・・・。



常磐自動車道 谷田部仮出口を追い求めて
つくばエクスプレス みどりの駅から路線バスを利用し、バス停「山崎」で下車。常磐自動車道沿いを歩いていき、つくば市北中妻、榎戸地域に到着します。常磐自動車道には、写真のような案内板が見えます。


常磐自動車道 谷田部仮出口を追い求めて
常磐自動車道 谷田部仮出口を追い求めて キャメル引越しセンター
常磐自動車道 谷田部仮出口を追い求めて
●〔写真左〕常磐自動車道に架かる「御城橋」から上り方面を眺めると、右手に不自然なスペースが確認できます。このスペースが、谷田部仮出口に通じる道であったであろうと推測します。。
●〔写真中〕科学万博会場に通じる、榎戸の「学園牛久通り」沿いにある、キャメル引越センター。当時の地図を調べると、この引越し屋さんの敷地の辺り全体が、谷田部仮出口の敷地であったようです。
●〔写真右〕学園牛久通りから少し奥に入ってみると、不自然に広がる敷地があります。ここに料金所があり、車が滞留するために敷地が広がっていたのであろうと感じます。。

常磐自動車道 谷田部仮出口を追い求めて つくバス12コース「榎戸交差点南(28)」
今回の訪問は、TXみどりの駅から路線バス+歩きだったため、少し時間がかかってしまいました。。現地にて、つくば市の地域バスである「つくバス」のバス停を発見しました!。
コース番号は12番。バス停「榎戸交差点南(28)」になります。公共交通機関で訪問されたい方は、TXつくば駅より終発着しております、つくバスをご利用になって、ご訪問してみてください(^^)。

スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 科学万博-つくば’85 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/235-41a10c9c

TRACKBACK

谷田部仮出口の空撮

「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」より谷田部仮出口附近84年頃

| 科学万博blog | 2006/06/15 22:37 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。