PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祭りとは引き継ぐものである ~石岡のおまつり 還幸祭より

石岡のおまつり 肩ぐるま

(2006年)9月16日から3日間続いた『石岡のおまつり(常陸國總社宮大祭)』も最終日。御仮屋の御神体總社宮 神殿に還御する、「還幸祭」が催されます。


石岡のおまつり 還幸祭
石岡のおまつり 還幸祭 年番若松町
石岡のおまつり 還幸祭 御神体を本殿へ還御

御仮屋を出発した供奉行列は石岡市街地を行脚し、總社宮に向かいます。沿道では、たくさんのお客さんが出迎えてくれます。
●ささらは木之地町のところで一旦停止します。後に続く、供奉行列や幌獅子、山車の間合いを調整するためだそうです。
●神輿や幌獅子が、總社宮の境内に入って行きます。神殿の更に奥に入れる幌獅子は、露払役である土橋町と仲之内町の幌獅子だけです。
●馬に乗せられた神輿を宮司様がお払いし、白い布で囲み、御神体を神殿に移します。
この後、拝殿内で還幸祭の神事、および年番引継の儀式を行います。この時点で「正式なお祭り」は終了したことになります。

こうして石岡のおまつりは、「年番」を引き継ぐことで次の町にお祭りを託して行きます。町から町へお祭りを引き継ぐことにより歴史が刻まれ、より重みのあるお祭りになっていくのです。
そしてまた、引き継ぐのは年番だけではありません。。TOPの写真にもありますとおり、親から子へ、子から孫へと引き継がれることで地域が形成され、歴史ある町が積み重ねられていくのです(TT)。
スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/354-a6cfa601

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。