PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まるで、かもめのジョナサン

まるで、かもめのジョナサン(茨城県ひたちなか市)

那珂湊港から平磯海岸づたいに北上していくと、右手に『姥の懐海水浴場』が見えてきます。強い風が吹き抜ける中、海水浴場の渕のところに、白鳥ちゃんが首をすくめて立っています(^^)カワユイ。

姥の懐海水浴場 荒れる平磯、那珂湊の海
小さい頃、1,2度遊びにつれてきてもらったことのある海水浴場です。さすがに10月の海は海水浴はできません。特にこの日は波が荒れています。。そんな中、白鳥ちゃんが一羽、荒れる海の中、たたずんでいます。。


まるで、かもめのジョナサン
まるで、かもめのジョナサン
まるで、かもめのジョナサン

いや、そんな“たたずむ”といった次元の低い内容ではありません。この白鳥ちゃん、荒れ狂う波の中、わざと海の浅瀬に入っていき、波が来るとスゥーっと飛び上がって手すりに足場を求めたりと、遊んでいるのです(@▽@)。
「生きるか死ぬか」という自然界の中で、「遊び」の考えを持つ、この白鳥ちゃんって一体!?。

かつて『かもめのジョナサン』という名作がありましたが、あの小説の中に出てくる、かもめの“ジョナサン”も他のかもめとは一味違っていました。
他のかもめが、その日暮らしでえさを求めたりしているのを傍目に、ジョナサンは「もっと早く飛びたい」、「もっと自己を向上させたい」というかもめでした。

もしかしたら、この白鳥ちゃんは、他の鳥とは違う“何か”を持っているのかもしれない。。そんな風に考えた時、『かもめのジョナサン』を思い出しました。
スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| 旅行記 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/386-b8c3e22c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT