PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鹿行(ろっこう)はどこ(ろっこう)へ行く

旧・常陽新聞社〔現・常陽新聞新社〕鹿行支社跡地(茨城県行方市/旧・麻生町)

今年(2006年)の10月に行方市内を彷徨っていた際に見つけた、常陽新聞社(現・常陽新聞新社)の鹿行支社。。常陽新聞新社の公式サイトに鹿行支社の文字は無く、かなり以前に閉鎖された支社のようです…(´=ω=`)。


今回話題にしたいのは、常陽新聞新社の話ではなく、鹿嶋市にある関東鉄道バスの鹿島営業所が“移転”される話。。
関東鉄道バス 鹿島営業所(茨城県鹿嶋市宮中)
鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)近くにある関鉄の鹿島営業所が、先日の12月8日を持って、同社潮来営業所に“移転”することとなり、鹿島営業所は“閉鎖”されてしまいました…(TT)。

茨城県内において県内最南地域である「鹿行地域」は、公共交通機関も乏しく、“まちおこし”の視点からは難しい地域だとKOUJINN(旅人)は考えています。。すでに鹿行地域自体は工業や漁業のまちとして自立しており、他地域が見ているよりも全然経済性があるのでしょうけれど、『観光』という目線ではちょっと弱め。。
そんな中で、各社の支店ならびに支社が撤退していく様は、経済の下降はあっても、上昇することは難しくなっていくんじゃないかな~と感じます。。
スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| まちづくり | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/438-a04eb7d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT