PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NEXTバリアフリー

“NEXTバリアフリー”って書くと、先の衆議院議員選挙大惨敗した某民主党みたいでかっこ悪いのですが、すでに「バリアフリー」のことを書くのは時代遅れな感があります(´-ω-`)。。
これは「バリアフリーはいらない」とか「バリアフリーに価値が無い」ということを言っているのでは無く、「バリアフリーは導入していて当たり前。さらに先のことを。」という意味です。

■バリアフリーとは
えーっと、「バリアフリー」という言葉を知らない方のためにあえて説明しますと、バリアフリーとは「障害を持つ方々がストレス無く生活できる環境づくり」のことです。当初は建築物において、「段差の無い間仕切り」だとか「ドアの開閉がしやすいよう、取っ手をレバーにする」だとかの建築計画に関わる言葉でした。
それが段々、生活環境全般に広がり、建築を離れた場所でも「バリアフリーがどうのこうの」と言われるようになっています。「これがバリアフリーとどう関係があるの?」って時もあります。。
何か違和感というか、何を見ても「かーわーいーいー(はあと)」しか言えない女子高生ちゃん(キライじゃないですが)と同じような感覚を引き起こします…(==)。

■バリアフリーは“今さら”です
先ほども書きました通り、バリアフリー「導入していて当たり前」で今更取り上げるテーマではありません。逆にこのご時世、平気で「バリアフリー、バリアフリー」と言っているのは、時代遅れとしか言いようがありません!!(≧_≦)。本当にバリアフリーのことを考えているのなら、とっくの昔に語っているはずです(≧△≦)。って、今日のKOUJINN(旅人)はナンダカ攻撃的だわ(’’*)ナニカアッタノ?

ちょうどKOUJINN(旅人)が建築家(士?)を目指している頃、「バリアフリー」の概念が建築教育の現場にも浸透し始めてきている頃でした。阪神淡路大震災ハートビル法が設立されたあの頃です。。

■NEXTバリアフリー=User Interface(U.I.)
バリアフリーは現在では当たり前のことであり、次“NEXT”の発想が重要だとKOUJINN(旅人)は考えています。

それは『U.I.』です。

U.I.とは、『user interface(ユーザーインターフェース)』のことで、一言で言えば『操作性』のことをひっくるめています。

ここでJR常磐線 東海駅多機能トイレを例に取り上げてみます。
JR常磐線 東海駅(東口)
常磐線水戸駅以北の中で、かなり立派な駅舎のひとつ。

東海駅 多機能トイレ
立派な駅舎だけあり、通常のトイレの他に、障害を持つ方でも安心して使える“多機能トイレ”があります。ここまでは「バリアフリー」の概念
ここからが“NEXTバリアフリー”を自称する、KOUJINN(旅人)の腕の見せ所です!(≧▽≦)。

東海駅 多機能トイレ
例えば、この写真にあるトイレットベーパー。2つ取り付けてあって、万が一、紙が無くなっても安心ですね♪。としか思えないようでは
この取り付け箇所が問題なのです。この位置にトイレットペーパーがあるってことは、“用”を足した後お尻を拭く際に、体をかなり捻らないと紙に手が届きません。。健常者であれば何とかなりますが、体の不自由な方が使うトイレにしては、あまりにも配慮の足りない設計ですね。。

東海駅 多機能トイレ
トイレの水を流すレバーも、既存のトイレについているレバーをそのまま使い、一見どこにレバーがあるのか分かりづらい。JRの方が「レバーはここです⇒」という貼り紙までしているくらいですから、そうとう分かりづらいと判断できます。。

東海駅 多機能トイレ
東海駅 多機能トイレ
さらには、トイレのドアにも不備があります。。
トイレのドアは力を入れなくても開けることのできる、引き戸式になっています。この設計計画は評価できます。が、問題は
2枚目の写真にもある通り、このトイレの鍵は、大きなボタン電気式に管理しているのです。。「閉」のボタンを押すことで扉に鍵が掛かる仕組みになっています。

しかし、これって何だか落ち着かないですよね。。
やっぱり人間の心理として、物理的に“カチャ”っと鍵を閉めたいと思うんです。閉まっているんだか、いないんだか分からないトイレで用を足すのって、ちょっとしたストレス。。
多機能トイレ車椅子の方でも余裕を持って動けるように、トイレの内部が広く作られています。なので、用を足している時に万が一ドアが開いても、自分の手で扉を閉めることができないのです(≧O≦)キャー。。

今書いてきたストレスを感じる部分の設計。
それが『user interface(ユーザーインターフェース)』です。

スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| まちづくり | 23:59 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/66-fd8ec35d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。