PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「第2回 茨城県の物産と観光展」に3日連続訪問する

出会いと別れの上野駅
松坂屋上野店で1月25日(水)から31日(火)まで『第2回 茨城県の物産と観光展』が開催されています。。本日の訪問で3日連続となります…(=▽=)エヘヘ。。ヘタしたら、関係者より出席率が良かったりして。。そんな通勤状態になっているイベントに、今日もレッツらゴーだ♪(=O=)9゛。
※写真は上野駅ですが、松坂屋上野店はJR御徒町駅、都営大江戸線 上野御徒町駅などが最寄り駅。

■漫遊記・副将軍(酒類):明利酒類(水戸市)
明利酒類(水戸市)
「漫遊記(麦)」明利酒類

水戸市吉田町方面にお店を構える明利酒類さんからは日本酒焼酎梅酒などが販売されています。残念ながらKOUJINN(旅人)は仕事をこっそり抜け出しての取材だったので(@@)ビクッ!、試飲をすることができませんでしたが、ここ最近の売れ行き具合などを伺ってみます。すると、ここ数年の「焼酎ブーム」により、焼酎の売れ行きが良いそうです。中でも「芋焼酎」が売れ筋。

●阿字ヶ浦産「紅あづま」を使用した『漫遊記 いも焼酎』
何でも茨城県は全国第2位のさつまいもの産地明利酒類さんでは阿字ヶ浦で収穫された「紅あづま」を原料とした「漫遊記 いも焼酎」が売れているとのこと。阿字ヶ浦というと、海岸酒列磯前神社を思い出してしまうKOUJINN(旅人)。どうも“砂地”のイメージが強いんです。。そう思っていると係りの方が、「さつまいもは砂地のほうが成長が良いのですよ」。なるほどー。よく考えたら、戦時中の食糧難の時、いもは土壌をあまり選ばないから重宝されていたんですよねー。そういう意味では阿字ヶ浦の砂地の土壌でさつまいもが育てられているのは、納得がいきます(^^)。

●1,2月は『副将軍 にごり酒』が最盛期
「副将軍 にごり酒」明利酒類
なお、この1月2月は「にごり酒」の出荷が最盛期とのこと。この時期に完成したにごり酒は、完成後に手を入れていない“生”の状態で、一番おいしくいただけるそうです。この時期を逃すと、加熱消毒され、一味変わってしまうこともあるとか。
訪問された方は、迷わず「にごり酒」からGetすべし!(>▽<)。



■和菓子:守谷すたいる“さがら製菓”(守谷市)
守谷すたいる“さがら製菓”(守谷市)
「大福」さがら製菓

出店名が「守谷すたいる」なので「?」と思っていると、守谷市のブランディング政策で用いられている総称名とのこと。守谷駅がつくばエクスプレス(TX)の開通で商業施設化され、その商業施設の中で「守谷すたいる」というブランドを広めているのです。今回のイベントでは、守谷市で営業をしている和菓子のお店、さがら製菓さんが参戦されています。

●とろけるような食感
みたらし団子が目立ちますが、KOUJINN(旅人)が気になったのは、かわいらしい「大福」(*^^*)。「カフェオレ味」の試食品をいただいてみると、餡がクリーミーでなめらか。外側のおモチもやわらかい。
「いちごみるく」味と「抹茶」味を購入。大福をつまむと、トロッと零れ落ちそうなくらい、やわらかい~(><)。そしておいしい~(>▽<)。和菓子好きには、たまりませんなぁ~。


■手緒里うどん:ヤマダイ(結城市)
ヤマダイ(結城市)
「手緒里うどん」ヤマダイ

手緒里うどんが目に飛び込んできます。試食をいただけるようなので、頂戴します(^O^)。手緒里うどんは結城市の食べ物だったんですね~。かねてから漠然と存在は知っておりましたが、意識をしていただくのは始めて。
手緒里うどんは、細いうどん。強烈なコシは無いものの、しっかりとした食感が味わえます。あったかくしていただいても良し。冷たくしてざるうどんでもおいしいかも~(>▽<)。


■漬物:戸祭貞次郎商店(取手市)
戸祭貞次郎商店(取手市)
「塩楽京」戸祭貞次郎商店

取手市で漬物を販売する戸祭貞次郎商店さんは、この手の物産展の常連さん。ラインナップも幅広く、企業努力が伺えます(^^)。以前はにんにくの漬物を購入し、満足しました。
今回は梅干てっぽう漬けがオススメのようですが、KOUJINN(旅人)がオススメなのは「塩楽京」。らっきょう漬けです。臭みも少なく、おつまみやカレーライスの付け合せに合いそう♪(^^)。


■干しいも:大丸物産(ひたちなか市)
大丸物産(ひたちなか市)
「干いも」大丸物産

大丸物産さんもまた、この手の物産展の常連さんです。取り扱い品は「干いも」と地味な印象ですが、これまたウマイ(^m^)。干いもは“通常タイプ”“柔らかめタイプ”があるのですが、“通常タイプ”がオススメ。ほどよい噛み心地。油断していると、一袋があっという間になくなってしまいます…(^^;)。
保存食としても用いられるほどで、意外とカロリーがあります。食べ過ぎないように注意ですな(-o-;)デモ、トマラナイオイシサ。


■さしま茶:野口徳太郎商店(境町)
野口徳太郎商店(境町)
「茶の種子」野口徳太郎商店
野口徳太郎商店(境町)

野口徳太郎商店さんもまた、イベントの常連さんです。今回はブースを座敷にしての出店。野口さんにお伺いすると、「座敷にするために設備を持ち込むのがたいへんだったけど、その分、雰囲気作りができ、売り上げに結びついている(^^)」とおっしゃいます。
何でも効率主義の世の中、こうして手の込んだ売り場が作られることで、お客様の目をひきつけることに繋がるんですね~(^^)。
「茎太郎」野口徳太郎商店
今回は粉茶の「茶の種子」では無く、お茶葉の「茎太郎」を購入することにします。ウチの家族の評判では、野口さんのところのお茶は、大人気なのだ♪(*^^*)。


そんなこんなで今日も時間が来てしまいました(^^;)。3日連続訪問で、かなりの取材ができました。ご協力いただきました、関係者の方々に深くお礼を申し上げます<<_ _>>。そしてまた、取材ができずご紹介できなかったお店の方々、ゴメンナサイ(--)。
でもKOUJINN(旅人)、ガンバッたの!(’’*)ユルシテ。。


■「第2回茨城県の物産と観光展」in松坂屋上野店のまとめ
 告知
 初日
   茨城県の観光・小久保商店(常総市)・吉田屋(大洗町)・水戸井熊總本家(水戸市)
   筑波ハム(つくば市)・丸真食品(常陸大宮市)・万年屋(大洗町)

 2日目
   西金砂そばの郷(常陸太田市)・惣菜とき(土浦市)・ひたち竹人形工房(日立市)・笠間自然薯研究会(笠間市)
 3日目
   明利酒類(水戸市)・守谷すたいる(守谷市)・ヤマダイ(結城市)
   戸祭貞次郎商店(取手市)・大丸物産(ひたちなか市)・野口徳太郎商店(境町)
スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:56 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/74-1b811bc6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT