PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「第2回 茨城県の物産と観光展」 6日目

刈部べっ甲
刈部べっ甲

今日も松坂屋上野店『茨城の物産と観光展』
あまりにも熱心なのでイベント関係者の方から、「(茨城)県庁の方ですか?」とか「(茨城)新聞記者の方ですか?」とか聞かれてしまいます(^^;)。「違います!!。“旅人”なのです!!(´≧ω≦`)」とか言ったら、(??)って顔をされてしまうだろうから、「いや、あの、ちょっと違うんです(^^;)」ってごまかしながらの取材です。。

今日は時間も少ないことから、真壁町(現・桜川市)の刈部鼈甲さんを取材します。


そもそも「鼈甲(べっ甲)」って何なの(´・ω・`)?。
って、基本的な知識を持ち合わせていないKOUJINN(旅人)に対し、刈部さんは親切に教えてくださいます。
鼈甲とは「亀の甲羅」のこと。亀の甲羅をプレスして平べったく加工したものを削ったり磨いたりして、ぴかぴかな鼈甲細工にしていくのだそうです。

亀の甲羅ってことは、物理的な大きさも限られてくるでしょうし、細長いかんざしなどを作るには、大きな鼈甲が必要じゃないのかなーって思いました。すると、鼈甲自体に「癒着性」があり、鼈甲同士をつなげていくことで、大きな鼈甲や細長い鼈甲を作っていくことができるとのこと。しかし、現在ではこの技術を受け継いでいく人がいないそうで、自分の代で途絶えていってしまうと嘆いておられました…(TT)。

刈部さんは現在の東京都新宿で生まれ、6歳まで住んでいたそうです。
昭和20年頃の空襲で下館付近に疎開し、現在に至るとのこと。


真壁のひなまつりのことや、先日の桜川市市長選挙のことについて話し込んでしまいます(^^;)。
役場の係りの方が、先ほど見えたそうですが、「サクラサク里」プロジェクトを運営されておられる町役場の方のことかしら(??)。
スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/77-cd504ade

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT