PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“二人の”水戸太神楽

こんなメールをいただいていました・・・。

今日の茨城新聞に出ていたのですが、17日の12時に常磐神社で太神楽があるそうです。
土曜か日曜なら見にいけるのですが普通の日では見にいけません。
取材をしてきてください。

うーん、17日と言えば、明日の金曜日だにゃ~。平日だにゃ~(==)。茨城を旅する旅人として、こういう「依頼」があったからには、行かないわけにいかない・・・。しかし、KOUJINN(旅人)はだめ・サラリーマン・・・。17日は休めないのだ・・・(´=ω=`)ゴメソ。


常盤神社 本殿
メール(茨城新聞?)によると、2006年2月17日(金)正午12時に常盤神社(茨城県水戸市)にて『水戸太神楽』が行なわれるようです。。


常盤神社 能楽殿
常盤神社で人目に触れる催し物が行なわれるとすると、拝殿の右手前にある、能楽殿を舞台にすることが考えられます・・・。。。



■“二人の”水戸太神楽
「水戸太神楽」には二つの流派が存在します。
ひとりが「柳貴家正楽」で、ひとりが「柳貴家勝蔵」です。。
水戸太神楽 宗家 柳貴家正楽〔いばらき新発見フェア2004 タカシマヤタイムズスクエア〕
柳貴家正楽
水戸太神楽 家元 柳貴家勝蔵
柳貴家勝蔵


●柳貴家正楽
茨城県の無形文化財に指定されており、過去に茨城県のPRイベントで拝見しております。〔いばらき!新発見フェア2004
おととしの新宿タカシマヤタイムズスクエアで開催された『いばらき!新発見フェア』は実際に目の前で水戸太神楽を拝見させていただきました(^^)。
先日の松坂屋上野店で開催された『第2回 茨城県の物産と観光展』(2006年1月25日~1月31日)でも、25日の日に水戸太神楽を披露しているようです。

●柳貴家勝蔵
一方の柳貴家勝蔵の方は、「水戸藩徳川家御用神楽」であることをアピールしています。お正月の「おめでとうございます!」で有名な海老一染之助染太郎(染太郎は故人)の親戚筋であり、根深さを感じさせます。

どちらがどうだとは、ここでは書きません。。
「水戸太神楽」という文化を守り、受け継いでいくことが重要なのです(><)。良い意味で切磋琢磨されていくことで、継続性のある文化となっていくことでしょう。。

どちらの家系にも公式サイトが用意されているので、ごらんいただくのが一番なのです。。


■水戸太神楽 公式サイト(順不同)
 ●太神楽(だいかぐら)・・・柳貴家正楽
 ●水戸太神楽・・・柳貴家勝蔵
スポンサーサイト

『豆日刊茨城』 blogランキング

人気blogランキングへ今日の人気blogランキングは何位?
FC2 Blog Ranking ←高順位を確保。クリックで見れます。

| お祭り・イベント情報 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ibarakinews.blog39.fc2.com/tb.php/96-0ca530a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。